ウェディングベールのこと知っていますか?

ウェディングベールの意味って?

結婚式のハイライトと言えば、やっぱり花婿が花嫁のウェディングベールをあげて行うフェイスアップですよね。今では花嫁を覆うベールは当たり前のものとなっているので、どんな意味があるのかなどは特に気にならないものになっていますが、本来は邪悪な悪魔から花嫁の身を守るための魔よけのアイテムだったそうですよ。当然ですが、その花嫁がベールをあげて誓いのキスをすることで正式に愛する男性の妻になったことを意味もあります。

マリアベールってどんなもの?

聖母マリアが着用していたベールと形状が似ていることからそう呼ばれるようになったマリアベール。顔の周辺がベールの外から出るので、花嫁の印象がはっきりすることとレースの豪華な装飾が特徴的です。ドレスのデザインがシンプルな物であっても、マリアベールを着用するだけで一気に華やかになります。顔がベールからすでに出ていますから、フェイスアップはしないことになりますが、もしマリアベールでもやりたいならオーダ―メイドで加工してもらうこともできますよ。

フェイスアップベール

通常のウェディングベールです。折り返して使います。ベール自体はシンプルな見た目のものが多いですから、ベールの中の頭部をラリエットなどで飾って個性を出すと可愛らしく見えます。ベールの長さは色々なものがありますが、挙式スタイルに合ったものを選んでくださいね。教会の場合はロングベールがいいですが、外で行う場合はショートのベールの方が楽ですよ。挙式と披露宴でベールの丈を変更する花嫁さんもたくさんいますね。

二人の愛のイベントは銀座でウェディング!人生で最高な一日は高級なイメージの銀座で、是非したいものです。

銀座の結婚式場の詳細
結婚式を銀座の詳細はこちら