30代のウェディングドレス選びのポイント!

好きなだけでは選べない?ウェディングドレス

晩婚化が進み、30代での結婚も珍しくなくなりました。挙式・披露宴をするときに決定したら、女性がまず気になるのはウェディングドレスではないでしょうか?幼い頃からの夢のデザインがある方も、ブライダル雑誌を見て希望のデザインを絞り込んでいる方もいるのではないでしょうか?しかし、30代の大人ウェディングを品良く彩るためには、自分の好きだけでドレスを選ぶのは危険です!綺麗な花嫁姿だったね、と言われるための、自分を引き立てるとドレス選びのポイントをご紹介します。

自分の長所と短所を見つめ直す!

残念ながら若い頃にしか似合わないドレスデザインというのは存在します。例えばプリンセスラインと呼ばれるスカートにボリュームが出るタイプは、30代が着るとやり過ぎ感が否めません。30代のドレス選びのコツは自分の長所と短所を知ることから始まります。お腹周りにお肉がついてきてしまっているけれど、デコルテは綺麗、など自分の体型を見つめ直しましょう。その上で、プロのスタッフに相談すると思い通りのドレスに出会えるでしょう。また、ウェディングドレスと言っても、白の色味はそれぞれ異なります。自分のパーソナルカラーを知ることで、より良いドレスに会えるでしょう。長所を活かしたドレスは、花嫁を誰よりも美しく演出してくれます。

ドレス選びに必要なのは辛口アドバイザー

大切なドレス選びのパートナーには、辛口のアドバイザーを選びましょう。辛口アドバイザーとは、実母や姉妹、気の置けない友人が最適です。夫となる彼はアドバイザーとしては少々物足りないです。幸せなことですが、何を着ても素敵!というアドバイスしかもらえなかったり、女性ならではの細部へのこだわりなどの共感が少ないからです。似合わないものは似合わないときっぱり言ってくれる人を連れていくことで、自分だけではついつい気になる面に目をつむって好みで選んでしまうという陥りがちな失敗を回避することができます。また、同性ならではの視点で写真も残してくれるでしょうから、ドレス選びのパートナーとして最適です。自分の長所・短所を知り、ドレス選びの強い味方を連れて、最高に美しい花嫁姿になれるドレスを見つけてみましょう。

神戸の結婚式場は、周りの景色がきれいなので、良い雰囲気で結婚式ができます。坂の上の式場は眺めがいいです。