一昔前とは大違い!!いまどきの婚約指輪事情3選

婚約指輪はいる?いらない?

一昔前では当然のように渡していた婚約指輪。最近では婚約指輪はいらない派のカップルが増えています。「婚約指輪なんて、身につけるのは婚約期間だけでしょ?タンスの肥やしになるのに、大金を使うのはもったいない!」そんな考えが浸透しています。でも、婚約指輪って本当にいらないものなのでしょうか。確かにタンスの肥やしになってしまう人も多いでしょう。でも、意外にも婚約指輪は結婚後も使えるアイテムです。最近の婚約指輪は結婚指輪と重ねづけできるものが多く売られています。また、昔ながらの立て爪ではなく、ファッションリングのようなシンプルなデザインも増えています。ちょっとしたディナーや友人や親戚の結婚式など、婚約指輪を重ねづけすると手元が華やかになりますよ。

婚約指輪はカップルで選ぼう

一昔前の常識と言えば、婚約指輪はプロポーズ時に渡すものでした。サプライズを考えている男性も多いでしょう。それはそれで感動的!しかし、本当にそれでいいのでしょうか?最近ではプロポーズの後にカップルで婚約指輪を選ぶケースが一般的です。一生ものの婚約指輪、女性はやっぱり自分で選びたいものです。せっかく男性が一生懸命選んだものでも、デザインが女性の好みでなかったら、「タンスの肥やし」になってしまうのです。サプライズを考えている男性は、一度立ち止まって考えてみましょう。

婚約指輪の予算は?給料3か月分は過去の話

婚約指輪といえば「給料3か月分」一昔前にそんなキャッチコピーが流行しました。「給料3か月分なんて無理!」怖気づいてしまう男性も多いでしょう。しかし、「給料3か月分」は過去の話です。現在の婚約指輪の相場は給料1か月分から1.5か月分と言われています。最も売れ行きの価格帯は20万から40万のもので、平均は30万円台です。確かにそれでも決して安い買い物ではありませんが、少しは手が出やすく感じないでしょうか。一生ものの婚約指輪、決してケチりたくはないものですが、高すぎるものを購入して新生活に支障が出ては元も子もありません。カップルで納得できるものを選びましょう。

婚約指輪とは結婚する時の記念品です。プロポーズの際に渡したり、結婚式で指輪の交換を行う場合もあります。